通信制高校ってどんなトコ?

卒業に必要な「単位」って何?

高校には、「学年制」「単位制」があり、全日制高校の多くが学年制を導入しているのに対し、
通信制高校の多くは単位制を導入しています。
どちらの制度を導入しているかによって、卒業に大きくかかわってきます。


では、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?



phm01_0187-s.jpg

「学年制」とは・・・


学年ごとに決められた科目を学び、その教育課程が修了したと認められたら、次の学年に進級すがるシステムです。


最終学年の教育課程を修了し、全教育課程を修了したとみなされれば卒業となります。


もし勉強した結果、単位の認定がなされなければ「留年となり、その学年の教育課程をもう一度やりなおすことになります。




「単位制」とは・・・


学年制のような学年ごとの教育課程の修了認定がなく、3年間の在学中に単位を修得する
システムです。


科目ごとに修得できる単位数が決まっていて、74単位以上を修得すれば卒業となります。
学年制のように進級するシステムではないので、学年の域を超えて学ぶことができます。


単位制のメリットは、たとえ勉強した結果、単位の認定がされなかったとしても、何度でも
履修することができますので、留年することはありません。


また、学年制は決められた科目を勉強するだけですが、単位制は必ず取らなければならない
科目以外は自由に選ぶことができますので、自分の得意分野を伸ばすことができるメリット
があります。




どうしたら単位を取得できるの?


単位とは、"学習量"のことで、1単位時間を50分として、35単位時間の授業を「1単位」
として計算することが標準とされています。

(たとえば、週に1回、50分の授業を1年間受けたら、1単位修得することになります)




★単位を取得するには・・・


 ・決められたレポートを提出し、基準をクリアする   


  ・必要時間数以上のスクーリングを受ける


  ・単位認定のテストを受け、基準をクリアする



これら3つをすべてクリアしないと、単位を修得することができません。


単位を落とさないようにするには、わからないところはわかるまで先生に聞くなど、積極的に
学校のサポートを受けるようにして卒業を目指します。





前の記事<<<「学習の基本は「レポート」「スクーリング」「テスト」」
次の記事>>>「通信制高校はこんなに魅力がたくさん!」



↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池