通信制高校ってどんなトコ?

学習の基本は「レポート」「スクーリング」「テスト」

通信制高校の学習は、「レポート」「スクーリング」「テスト」が基本となります。


ilm07_aa02002-s.jpg

この3つがそれぞれの合格基準をクリアして、はじめて単位がもらえます。
卒業までにはたくさんの単位が必要になりますのでどれも大切なのですが、特にクリアするのが大変と言われるのが「レポート」です。



★レポート                             


レポートとは、「課題の添削」のことです。


わかりやすく言えば、「宿題」のようなもので、自主学習できちんと学べているか確認するのが目的です。科目によってその提出回数も違いますが、年間に10枚程度という場合が多いようです。


レポートは、試験ではなく、自宅で教科書を見ながらじっくり作成することができます。作成したら、「郵送」や「ネット」を使って学校に提出し、各教科の先生の添削指導を受けます。



★スクーリング                           


スクーリングとは、「面接指導」のことで、「学校への登校日」と考えてください


スクーリングの回数は、学校や選択するコースなどで違いますが、全日制のように毎日登校するものから、年間数日のみの登校でいい場合や、まとめて5日程度の合宿形式での集中スクーリングなどさまざまです。


実際に学校へ登校し、先生による直接指導で自主学習での疑問点などを解決
したり、自主学習ではできない実験や実技、体験学習などを行います。


ここでは普段会うことのない共に頑張っている仲間に会うことができ、貴重な
交流の場となります。



★テスト                               


テストとは、「学習の成果を確認するための試験」のことです。


単位を修得するためには、一定の基準をクリアする必要があり、それがテスト
によって行われるのです。


テストは、年に数回実施され、科目によっては「実技」や「レポート」の場合
もあります。テストの内容は、基本的にレポートで学習してきた内容が中心な
ので、きちんとレポートに取り組んでいれば、十分に合格できますので心配あ
りません。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


学校や科目によってそれぞれの実施頻度は違ってきますが、いずれもわからない場合は
学校のサポートを受けることができますので、あまり不安に思うことはありません。


1人で自宅で勉強して単位を修得することは簡単な ことではないと思いますが、頑張
って卒業している人はたくさんいらっしゃいます。「必ず卒業するぞ!」という思いが
あればきっと大丈夫。





前の記事<<<「通信制高校とは?全日制高校と何が違うの?」
次の記事>>>「卒業に必要な「単位」って何?」


関連記事>>>「どんなことを学べるの?」



↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池