通信制高校の知っておきたいこと

気になる学費は?公立なら授業料無料!私立も支援制度あり!

通信制高校にも、「私立」「公立」があり、授業料も大きく違ってきます。



phm26_0649-s (1).jpg

やはり公立より私立高校のほうが授業料は10倍くらい高く、学校によってバラツキはありますが、年間に100万円前後必要になることが多いようです。


でも、現在は公立の場合、「公立高校授業料無償制度」を利用すれば無料ですし、私立の場合は「高等学校等就学支援金制度」を利用すれば、経済的な負担がかなり軽減されます。


いずれの制度も年齢制限や国籍の制限はありませんので、経済的に高校進学をあきらめていた人も、今なら入学のチャンスかもしれませんね。



<公立高校学費無償制度>                                   


家庭の状況にかかわらず、安心して勉強できるように、2010年に高校授業料無償制度が施行されました。
これにより、通信制高校を含む、公立高校に在学する生徒に対して授業料が無料になりました。


制度の対象者として、現在は親の所得に関係なく誰でも一律に無償化となっていますが、今後は所得制限を
設ける検討が国会でなされていますので注意が必要です。


また、無償化となるのは「授業料」だけで、入学金や教材費などの学費は支給対象とはなりません。



<高等学校等就学支援金制度>                                 


公立高校の授業料無償化にともない、私立高校の授業料を支援する目的で、私立高校に在学する生徒に対し
て授業料の一部を支給する制度です。


就学支援金は年間11万8800円で、制度の対象者は、親の所得に関係なく支給対象となりますが、低所
得世帯の家庭にはさらに加算して支給されます。


こちらも支給対象となるのは「授業料」だけで、入学金や教材費などの学費は支給対象とはなりません。



公立と私立、どっちがいいかな?


公立も私立も選ぶコースによって学費も変わってきますが、金額だけで見てしまうと、公立のほうが
経済的負担が少ないのがわかります。


しかし、私立の方が授業料が高い分、インターネットを使った学習や各種サポート体制が充実している
場合が多く、そのせいか公立より卒業率が高くなっています。


oim013-s (2).jpg

私立か、公立か迷っているのであれば、学費だけで比べるのではなく授業内容や支援体制なども十分比較して総合的に考えて選ぶようにしましょう。


中途退学になってしまうのが一番もったいないですからね。


それとやはり大事なのは、卒業したあとのこと。
「将来何になりたいのか?」ということです。
そのために何を学ぶ必要があるのか考えて、学ぶためには一番最適な学校を見つけなければいけません。


学校によって特色もさまざまですので、自分にぴったり合う学校が、将来の夢への近道となるはずです。



それでも経済的に難しい場合は・・・


もし、私立の学校を希望していて経済的に難しいと思われる場合は、「奨学金制度」
利用してみるのもいいかもしれません。


日本学生支援機構が扱う奨学金制度や、各都道府県や市町村が扱うもの、学校によっては
その学校独自の奨学金制度があります。
また、金融機関で扱う「教育ローン」もありますので、よく検討してみてください。


もう1つは、働きながら学校に通うことです。


通信制高校なら自由な時間がたくさん持つことができますので、空いた時間で学費を稼ぐ
こともできます。
通信制高校の中には、学校の提携している企業で働くことを前提にしたコースを設けてい
る学校もあります。企業独自の奨学金制度を利用し、毎月の給与から返済分を天引きして
くれる場合もありますので、興味のある方は一度学校にお問い合わせしてみてください。





前の記事<<<「どんなことを学べるの?」
次の記事>>>「誰もが難しい「自主学習」。挫折しない方法なんてある?」



↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池