通信制高校の知っておきたいこと

卒業するために必要な3つのこと

通信制高校の卒業時期は、基本的には3月ですが、入学時期が4月・10月の2期制を導入している
学校は、3月と9月になります。


また卒業するには、以下の3つの要件をクリアする必要があります。



phm23_0640-s.jpg

・通算3年間以上在籍すること
修業年数(在籍期間)が3年以上あることが必要で、転入や編入で入学した
人については、以前に在籍していた高校の就業年数も加算することができます。
また、修業年数の上限を設けていない学校がほとんどですので、自分のペース
でゆっくり時間をかけて卒業することも可能です。


・74単位以上を修得すること
科目ごとに修得した単位の合計が、74単位以上を修得する必要があります。
こちらも転入や編入で入学した人については、以前に在籍していた高校で修得
した単位も加算することができます。


・30単位時間以上の特別活動への参加
勉強以外にも入学式や卒業式、始業式、終業式、体育大会、修学旅行などの
ような「特別活動」へ参加することも必要となります。
3年間で30時間以上の参加が卒業の条件となっている場合が多いです。




通信制高校は、卒業が難しいって本当?


正直言うと、通信制高校は入学は比較的簡単ですが、卒業するのは意外に難しいんです。


ccdf009-s (1).jpg

その理由は、やはり基本的に「自主学習」であるという理由である
ことが多く、卒業要件の中で一番クリアするのが難しいのは、
「74単位以上の修得」です。


通信制高校は登校日数を自由に選べるのですが、登校日を少なくす
ればするほど、自主学習の時間は増えていきます。
そして勉強時間に縛りがないため、ついつい勉強を後回しにしてし
まい、結果、ポートの提出がおろそかになり「中途退学」というこ
とになりかねません。


自分のペースできちんと勉強ができる人ならいいのですが、なかな
かそう簡単にはいかないのが現状。そのため、学習面からきちんと
フォローしてくれる学校選びが重要ですね。


最短で卒業するのは3年ですが、逆に言えば4年かかったって5年かかったっていいんです。
自分のペースを守って、あきらめずに勉強を続けることができるのなら、卒業は必ずできます。




卒業資格は全日制高校と同じです


「通信制高校は全日制高校と卒業資格が違うのでは?」


と心配される方が多いようですが、もちろん全日制高校とまったく同じ卒業資格ですので、
大学受験や国家公務員試験などの受験も可能です。


そのため、通信制高校卒業だからと言って、不利になることはありません。


社会に出てしまえば、案外、出身校なんて関係ありませんよ。





前の記事<<<「入学は意外に簡単って本当?入学試験の内容とは」
次の記事>>>「学校選びでこれだけは押さえたいポイント」



↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池