みんなの通信制高校体験談

短期間通った通信制高校の思い出と高卒資格について

もう、十数年前のことになりますが、大検で取れなかった数学の単位を取るために大阪の通信制高校に通っていました。昔から数学が大の苦手で、大検の問題も難しかったので通信制高校で単位を取得しようと考えたのです。


その通信制高校を選んだ大きな理由はありません。地元である京都に通信制高校がなく、大阪で最もアクセスしやすい学校を探した結果見つかったのがその通信制高校でした。


その学校は駅近くのビルのワンフロアにあり、いわゆる公立高校などとは全く違った雰囲気を持っていました。どちらかというと、カルチャースクールのような雰囲気だったと記憶しています。もっとも、一教科しか受けなかったことと、スクーリングの回数が少なかったことから学校の雰囲気や設備について不満を感じることはありませんでした。


また、私の場合は短期間しか通信制高校に通わなかったので、他の生徒との交流は皆無でした。他の生徒とは月に一度顔を合わせるかどうかという感じだったので無理もありません。ですので学校生活と呼ぶほどの出来事もなかったのですが、当時あまり人付き合いの得意でなかった私にはむしろ願ったり叶ったりの環境でした。


通信制高校に通って一番驚いたのは試験の簡単さです。先述の通り、私は数学が苦手なのですが、通信制高校は授業内容が簡単なばかりか試験もかなり簡単だったのです。もちろん、試験を簡単と感じるかどうかは受験する人によって違うと思います。ただ、大検の難しい試験を受けた身としては、この程度の試験で単位が取れるのかというのが正直な感想でしたね。


おかげで無事に単位を取り、高卒と同等の資格を得ることができました。ただ、当時は専門学校へ進学したいと思っていたのですが、親の反対を受けて進学は叶わず、通信制高校で取った単位はしばらく御蔵入となってしまいましたが。


通信制高校で取った単位が役に立ったのは、30代になってからのことです。30代半ばに差し掛かったころ、もっといろいろな知識を身につけたいと思いたち通信制大学への入学を決めたのですが、その時初めて高卒と同程度の資格を取得しておいて良かったと感じました。


大学に入るためには数学の単位を証明する書類が必要だったのですが、書類を送ってもらうのに久しぶりに通信制高校に電話をかけました。こんな風に、若いころに学校に通ったことが役にたつこともあるんだなと、妙に感慨深い気分になったのを今でも覚えています。


10代で進学に悩んでいる方には、高卒資格は取っておいて損はないよと言いたいですね。




↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池