みんなの通信制高校体験談

迷った末に通信制高校に通わせて良かった母の思い

私には双子の息子がいるのですが、どちらも通信制高校を選びました。中学の時にあまり勉強が得意ではなく選択できる高校が少なかったということと団体行動が苦手だという理由で、中学のかなり早い段階で通信制高校は視野に入れていたのですが、親の私としては通信制高校というと途中でやめてしまう人も多いと聞いていたため、当初はかなり不安でした。


ですが息子たちが自ら通信制高校が良いと言っていたこともあり、最終的にはその判断を尊重することにしたのでした。


そうして息子たちの通うことになった通信制高校は平日は自宅学習、一ヶ月に二度から三度は日曜日にスクーリングという名の授業がありました。


自宅学習ではレポートの作成が中心で、教科書に沿って自分で理解し学ばなければならなかったため、レポートの作成にもかなりてこずっていたようですが、逆に言うとただ授業を受けて勉強をした気になるよりは良かったのではないかと思います。とにかく教科書や参考書を理解しなければレポートを作成することはできず、おまけにそのレポートを期限内に提出しなければ単位を取ることもできないので、無事卒業するためには真剣に勉強に取り組むしかなく、中学の頃よりも本気で勉強に取り組むようになったように感じました。


そしてそれでも理解できない時には日曜日のスクーリングで、先生に質問をしたり教わったりといったことをします。そのためのスクーリングで、息子たちもよく質問をしていたようです。


こうしてレポートとスクーリングの日数で単位をもらえるのですが、これら意外にも文化祭や遠足、体育祭に部活といったものまでありました。もちろんこういった行事に参加することでも単位がもらえるため、息子たちは必ず参加しており、案外楽しんでいたようです。


私はまさか通信制高校で文化祭や遠足などがあるとは思ってもいなくて当初は驚いたのですが、普段クラスメイトとの交流がほとんどない分、こうした行事に参加することで多少なりとも交流が持て、卒業時には親しくなった友人もできたようなので、いい試みだなと思ったものです。


通信制高校というと自宅学習が主で学校に行くことなどほとんどないと思いがちですが、こういった行事とスクーリングを合わせると案外学校へ出向くことも多く、中学は学校へ楽しそうに通うという感じではなかったのが、高校になると楽しそうに通うようになったため、迷ったものの通信制高校へ通わせて良かったなと今では思っています。



↓まずは通信制高校の資料請求を。




通信制高校ってどんなトコ?

 

通信制高校の知っておきたいこと

 

自分にピッタリの通信制高校を見つける!

 

みんなの通信制高校体験談

 

リチウムイオン電池